UA-71791293-1

2017年04月16日

世界でいちばん美しい村 

写真家、石川梵氏の映画初作品
「世界でいちばん美しい村」を鑑賞してきた。
https://himalaya-laprak.com/

久しぶりに映画館で見た映画で
定員50名のほんと小さな会場で
ありポルノ映画でも
上映してそうな外観であったものの
マイナーで良質な映画を取り扱っており、
また行きたくなる会場であった。

ネパール大地震が起き最愛の家族や親族を
亡くし山岳に住んでいた村も地震による
地盤崩壊によりさらに標高の高い場所へと
移動をせざるを得ない状況へと変貌していく。

山岳民族である彼らの生活は電気もガスもない
狭い空間に身を寄せながら生活をしている。
しかし、そこには「貧しくても明るい家族、子供たちn
無邪気な笑顔や輝く眼差しがあり
お互いが寄り添うようなかたちで生きる村人たち
の姿がある」 

未だ残る古くからの風習、文化、習慣、宗教
信仰心など 独特の世界がそこにはあり
震災で傷つき苦しんだものの
村人たちの絆を感じる温かい村での生活が
垣間見れる作品である。

「村の住民全員が家族である」

未だ残る風習を実際に自分の眼で確かめたいと、
「旅」に出たいと、強く感じたのは
この映画の素晴らしさと様々な要素が
ちりばめられた作品であったと個人的に思う。





posted by コビータ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449070197
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック