UA-71791293-1

2017年03月18日

号泣

昨日,10年過ごしたメキシコから
日本へ本帰国した。

様々な理由があるものの
自分自身を取り巻く環境の変化
と個人の考えの変化が一番の
要因である。

家に着き,その家の主がいないことが
家の中の雰囲気に大きな影響を与えていた。

襖で閉じられた部屋を開けると
暗闇の中でも微笑む眼差しを
こっちに向けて立っていた。

僕がメキシコへ旅立った日の数時間後に
旅立った「あの世」という旅先へ。
「ひとり旅」はどうよ?って
拝みながらつぶやく。

涙がポロポロと流れ落ちる。

看取ることも出来ず
葬儀にも出席せず
ただ,その様子を聞いているだけ
だった僕には,今この瞬間が
「看取る」ことと一緒の意味を
有することなんだろう。

よく投げかけられた「うまくやってちょ」という言葉を遺言として
1歩1歩前に歩みを進めるよ。

涙が止まらず流れ出る。




【関連する記事】
posted by コビータ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ文化、習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック