UA-71791293-1

2017年01月13日

サイン


「もう長くないかもしれない」

頭と心が全然バラバラな状態に。

アニキから届いたメールにあった
冒頭の言葉を見て色んな思いが
込み上げてきて涙が止まらなくなってしまった。

「子供の頃の思い出からつい最近の事まで」
頭の中の奥深い場所に記憶として残っているんだと
痛感した。 

親孝行ってどういう事を言うんだろう?
今まで好き勝手にやってきて親の脛をかじりながら
生活していた僕は、親孝行っていう行動を取ってきたのだろうか
過去は変えれないけど、残りわずかの時間を
一緒に過ごすことが僕が示せる親孝行なのかな?

ただ、忘れられない言葉を投げかけられたのを今でも
覚えてる。 その事が一番望んでいた?いる?のだろう

「俺は孫が見れないのか?」

親のために子供を作ることはないにしろ
それが出来たら幸いなんだろうなっと

今から出来る僕と父との「幸せのカタチ」を模索
していきたい。 それが今できることなんだろう。




posted by コビータ at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック