UA-71791293-1

2016年08月13日

以前から一緒に食事をしようと誘われていたものの
勤めていた会社のポリシーや個人的に一緒に食事をすることにより
相手企業に取引上有利に進められたくないこともあり
常に誘いを断っていた。 彼らとの取引が始まったのが
約5年程前。それ以降、彼らとのミーティングを行うたびに
交わされる言葉の中に必ず次の言葉があった。
「奈ヶ岡(日本食レストラン)へいつ行く?」

しかし、その勤めていた会社を退職したため
今まで行動を限定していたポリシーも取引上の考えも
なく自由に付き合いができるようになったこともあり
自分から一緒に「奈ヶ岡」へ行こうと誘い
酒を酌み交わした。 

5年近く取引をしていたこともあり
何度もミーティングも行い業務上だけの話だけでなく
様々なプライベートのことについても話したこともあり
酒を酌み交わしつつもお互いのプライベートのことに
ついて話してみた。

勿論、彼らの興味は僕が会社を辞めてどうするのか
そこだけ。正直僕にも良くわかっていないから
曖昧に答えるしかなかったが、旅をある程度の期間続ける
つもりと答えた。 それで彼らが納得したかどうかは
分からないが、これが僕が今出せる「答え」である。




【関連する記事】
posted by コビータ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック