UA-71791293-1

2016年06月13日

初。

ある出来事があってから、控えていること
それは、風○店へ通うこと。キャバクラ、スナックなどHなところじゃないところも含めての話。
控えていることすら意識になく
それがもう当たり前の状態であった。

しかし、彼女なしの僕にとって
その必要性は頭では感じなくも
身体が欲している。 

日本だと様々な媒体を
利用し簡単に情報を集めることが出来た(様々な風○店へいくことにハマっていた時期)。
コンビニに行けばそこには風○雑誌が
多々あり、キャバクラの情報、おんなの子の質、ヌキ風○店の情報など簡単に
手に入れることが出来た。

しかし、ここメキシコでは
彼女が居た時期があり
情報を調べること
すらしてこなかった。
する必要もなかった。
怖いお兄さん達との話し合いの
経験がある僕でも、何か揉めたら
こっちは銃で打たれるだろうっと
いう恐怖感もあり
全く手をつけずにいた。

それが、ヒョンなことから
風○店情報を掲載している
サイトを聞き、早速、興味本位で
チェックしてみた。

そこには、個人で隠れて
行っているところもあり
サービス内容と本人と
思われる写真が掲載されていた。
ホントのマッサージ資格を持った方も
いるため、しっかりとサービス内容を
確認しないとただ単にマッサージを
受けて終わりというのがあるだろう。(それはそれで良いが)

やはり、僕らしいというか
危ないんじゃねえ?っと
疑っている頭は正常に機能していたが
挑戦、体験してみたいという
感情もムスコを含めて沸き起こり
自宅近くでサービスを提供してくれる
人を探してみた。 この時点で
欲求が理性を超えた。
もうこうなったら、サイト内を
チェックしサービス内容を
詳細にチェックする目は
以前の僕のあだ名、「エロ目」であったであろう。 
そして、興奮していても
チキンである僕は何と言っていいのか
分からないため電話での対応を避けたいと
思っていた。
そのため、Whatsuppでのコンタクトを許可している女性だけにターゲットにし
探し、そして見つけた。

彼女から提示された場所が問題であった。
それは、オブレロ地区。 駅からすぐ近くであるがあまり良い地区でないため
もうすでに夜であったため
今すぐに行くっていうのは気が引けた。
翌日行く事を伝え、その場でのやりとりは
終わった。

翌日、朝11時に指定された場所へ。
驚いた事にそこは、普通のオフィスビル。
そこで連絡し到着したことを告げると
オフィスビルから出てきた女性は
掲載されていた顔写真と一緒だった。
それは僕に安堵感をもたらした。

しかし、若干化粧の濃いひとやなあと
思いながら年齢を計算してみた
恐らく、30代後半やろうなと
通された場所は、風○店によくある
個室が多々あるような所で
平日は書斎として使われているらしい。

3畳ほどのこじんまりとした部屋に
簡易ベットがおかれていた。
書斎や事務室として
使われている部屋が同じフロアに
他に多々ある中、こんなサービスを
しているなんて「凄い」を通り越して
「怖っ」っと思ったほど。

音楽をかけアロマの匂いが心地良く
僕を迎えてくれるが、初めてということ
もあって緊張で「先にサービス料を頂いて宜しいですか?」っという問いに
「No!」と答えてしまい彼女を驚してしまった。

服を全部脱いでベットにうつ伏せの状態に
と言われオイルを塗られマッサージが始まる。 軽いが結構気持ちの良いマッサージに気持ちが安らぐ。
しかし、裸体になった彼女の姿を見て
ガックリ!! めっさデブやん! めっさ大きな波を打った3段腹!!!

仰向けになりムスコをソフトタッチで
攻めてくると僕のブルーな気持ちとは
裏腹にグングン起き上がりピシャの塔ばり
傾いた状態をキープしていた。

それからは、あっという間に発液。
さすが、瑞穂のスピードスターと
呼ばれるだけある僕。

ただ、行為のあとのこの虚しさは
何やろうなあ?? 
疲れ果てたムスコが気持ちよさそうに
眠っている姿とは対照的に僕の気持ちは
凹む。 





posted by コビータ at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438925617
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック