UA-71791293-1

2016年03月28日

黙祷を

"私たちは、パリで犠牲になった人たちに、30秒黙祷した。
しかし、亡くなったシリア人のために、1秒たりとも黙祷を捧げる人がいただろうか。"

3月29日に2018年ロシアワールドカップ出場をかけて戦うサッカー日本代表。

埼玉スタジアムで行われるその試合の対戦相手は、「シリア」である。

冒頭のコメントは、2015年11月17日 
ファジル・イブラヒム(シリア代表監督)のシンガポール戦の後のコメントである。

的を得るような強烈な言葉である。このコメントから読み取れることは

先進主要国である国だけが称賛や喝采を浴び優遇され、
発展途上国がそのような待遇を得ることはほとんどないこと。
人々にとって世間から忘れられることと同時にマスコミに取り扱ってもらえず
状況を発信することすらできないことが一番の屈辱である。

パリ同時多発テロの数日後にウエンブリースタジアムで行われた
国際親善試合フランス対イングランド戦では、黙とうを行い
被害者や被害者家族に対し弔意を表した。
さらに、UEFA(欧州サッカー連盟)はすべての公式戦において
喪章の付けることと黙とうを行うよう指示した。

しかし、どれだけシリアへの空爆や多数の死傷者が出ているという
ニュースを目の前にしても犠牲者に対し弔意を表すことがなく今日まで来ている(機会がなかった)。

サッカー現日本代表監督のハリルホジッチ氏も「ボスニアヘルツェゴビナ紛争」
に巻き込まれ家族とともに非常に苦しみ抜いた経験を持つものとして
両チームともワールドカップ出場を目指した真剣勝負の場であるものの、
今なお増え続けている(増え続けているだろう)犠牲者に対し「黙祷」を
試合前に行うことを日本サッカー協会に要請してもらいたい。

スタメン選手だけでなくベンチスタートの選手、スタッフ、監督全員が
センターサークルを囲み1分間の「黙祷」を行うことを願い次回の戦いに期待したい。
posted by コビータ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435763976
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック