UA-71791293-1

2016年03月21日

評価軸

ショ−ンKについて様々なメディアで報道されている。
非常に興味深いなあっと感じており、その理由が2点ある。
 
 1.メディア側が出演者の経歴を確認していない点。
 2.容姿や経歴が良ければその人が言うことを鵜呑みもしくは聞き入る点。

1に関してメディア側は、出演者を出演依頼する際に
その人の経歴を含むバックグラウンドを考慮して
人を選択しているはず。さらに所属事務所などは
経歴を詳細に調べない。もしくは仕事を取れるように
多少なりとも盛っているのか? 今となっては
そのプロセスも分からない。

公の場に出演する方は、虚偽の発言や行為があった場合は
非常にバッシングの対象となり活動自粛へと追い込まれることが
多い。しかし、虚偽は経歴であり発言や活動行為が虚偽でなかった場合は
どうなるのだろうか?
今回、彼は活動を自粛することを決断した模様だが
そのように偽りの姿を継続して演じさせてきたのは
実は、私たち視聴者ではないだろうか?
 
2に関して僕たちの評価軸が容姿や経歴であって
彼のコメンテーターとしての発言は
そこには含まれていなかったんだと。
様々なメディアで後出しで彼について"実は怪しいと思っていた"
"あんまり発言しない"とかコメントされる方がいるけど
人それぞれ大なり小なりで良くみられようと偽証することは
芸能の世界では当たり前であろう。
 それは、俳優、藤原竜也が「サッカーの選抜に入っていた」という
偽証を自白したように今このタイミングで謝罪すれば被害は小さく済むと
思い自白した模様。非常にリスク管理が出来ていると言える一方で
汚いやり方やなあっと感じる。
 結果として、テレビに出演する、仕事を貰うために
利用した経歴偽証は手段としては間違っているものの
何を大事にし何を伝えるのかという評価軸を持っていれば
経歴がどうであれ問題ないように感じるが
そこに説得力が増すかどうかはその人の人となりが
重要になってくるはず。


政治家や公務員のような方がトンチンカンなことを
発言し国民に不利益を与えても謝罪さえすれば
継続して仕事を出来る社会であるのに対し
彼のような方は活動自粛と追い込まれる。
弱肉強食の世界である。 
そして、僕たち一般人は何を見て何を評価軸にして
判断するのか問われているように思える。
政治家や公務員は僕たちが支払った税金で生活を
成り立たせている。その一方で彼らが発言するトンチンカンな
事で不愉快を被ることがある。(それは高学歴であれ経験ある方であれ)

今回の偽証自体は良くはないが
評価軸をどこのポイントに置いて
見るかもう一度考えてもらいたい。




posted by コビータ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック