UA-71791293-1

2016年02月29日

答えはない

突然ではないものの、3月が始まろうとしている。

そして、この時期決まって放送されるのが
東日本大震災についてのこと。
あの日からもうすぐ5年が経とうとしている。
ボクら震災を免れた人達から見た東北は
「同情」という眼鏡をかけて映し出した姿であって
「可哀そう」というだけの色眼鏡で見ているようなもので
はないかと感じる。さらに、年々眼鏡のグラデュエーションは
厚くなっていき
不幸の中に起こった出来事から
何かしらハッピーエンドを探そうとする
もしくは感動するような番組構成や記事になって
いるのではないか? もしくはそうなっていくのではないか?

さらに言えば、そのような記事や番組構成をどこかで
望んでいるのかもしれない。

しかし、被災した方に言わせれば語弊があるが「同情するなら金をくれ」であろう。

同情と共感についての説明したわかりやすい記事がlifehackerに掲載されていたので
みてもらいたい。

「共感」(Empathy)と「同情」(Sympathy)は似ているようで、大きく異なります。どちらも悪い意味ではないですが、共感が誰かと感情面でつながることを意味するのに対して、同情というのは一般的に、不幸な状況においても「不幸中の幸い」を見つけようとすることです。

共感する、という行為で大切なのは、相手を評価しないことであり、当人にとってはあまり意味の無い「不幸中の幸い」を探そうとせずに、その代わりに相手の気持ちを心から理解しようとすることです。
<参照記事> lifehakerより「共感」と「同情」は似て非なるもの 
       http://www.lifehacker.jp/2013/12/131227empathy.html


同情は不幸中の幸いを見つけようとすることであり
いわゆるこちら側の意図によるもの
共感は、相手の気持ちを心から理解しようとすることで
相手の気持ちを汲んでの想いや行動である。

時間の経過とともに被災者や被災地域は復興に向けて進んでいる(はず)が
一向に進んでいない地域も少なからずある。
しかし、残念ながらボクら免災者はそういうことに対し
共有することも共感することも出来ずにいる。

何が出来るんだろう? 憂鬱である。


posted by コビータ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434397577
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック