UA-71791293-1

2016年02月22日

ふと

僕たちは盲目的に様々な指示や習慣(価値観)を
受け入れてきており、家庭や学校生活を送ってきている。
それは、あたかも当たり前のようにルール化してきており
それに従っているという感覚さえも持っていないのではないだろうか?
当然、疑うこともせず日々過ごしている。

社会に属する者としてルールや規則を守ることを第一に学校社会を過ごし
個人が社会生活に適用できるよう学びの場と化している。
特に上下関係の厳しい縦社会である日本において
目上の方を敬うことを非常に大事なルールとして持っており、
例え理不尽なことであってもそれに従うよう強要されることも多々ある。

僕個人として学校は「我慢」を学ぶ場と化し
ルールや規則にがんじがらめになりながら
生活を続けないといけない苦しさを味わう場でもあった。





posted by コビータ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック