UA-71791293-1

2017年03月22日

何がしたいんだ


10年という歳月をメキシコで
過ごしてきた。しかし、今回
メキシコを離れる決断を下した。

しかし、この決断を下す際
どのような影響を及ぼすのか
を全く考えていなかった。

特に奥さんの家族には
多大なご迷惑をかけてしまった。
どういう顔で対峙すれば良いのか
わからないほどである。

自分の行動、言動、決断が
どれほど他者を巻き込むもの
なのかを身にしみてわかり
これが家族を持つことって
いう意味なんだと。

「しっかり」「ちゃんと」っていう
意味として曖昧な表現であったものの
お叱り受けたことは当然であり
厳粛に受け止めたい。

しかし、自分でどう折り合いを
つけて生活していくのか
それが僕にとって悩むところである。

生活のためにやりたい事を
押し殺して生きていくのか
また、お互いの価値観の違いを
どう埋めていくのか
家族を持って生活することって
改めて大変な事なんだということを
感じた。

経済的安定を供給することによって
自分の中の何かを失ってしまうなら
何を失っても大丈夫なんだろう?

そんな事が頭のなかで
あたかも運動会のように
駆け回っている。







posted by コビータ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ文化、習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする