UA-71791293-1

2017年02月20日

行動


「唯一、共通のものは24時間という時間だけ
その時間を「悩む」「考える」という事に
使うこと自体無駄である」

この言葉を貰った。 

こういう言葉は常に実践しているからこそ
言える言葉であり重みがある。
上っ面だけの言葉では、心に響かない。

だからこそ、僕自身もこの言葉どおりに
行動に移していき結果として
相手に影響を与えられる人材に
なっていかないとダメだと



posted by コビータ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

送別会


「自分で見て、自分で感じて、自分の言葉で伝えたい方に伝える。」

今週末、メキシコシティまで足を運んだ。
理由は、韓国人フォトグラファーのフランシスコ
の送別会をするため。
約7年メキシコに滞在し今回家族と話しあった結果
15年ぶりに母国韓国へ本帰国することになった。

スペイン語が話せれない彼とは、僕の片言の英語で
コミュニケーションを取る形で会話を進めるのだが
普段オンライン英会話で英語を学んでいるにも拘わらず
使う機会がない僕にとっては、学んだ語彙を試したり
試行錯誤しながらこちらの意見を伝える
非常に有意義な時間でもあり機会であった。

それも、今回で終わりとなってしまうし
写真家としての姿勢や物の見方を
学ぶ機会がなくなってしまうのは
残念でしかたがない。

彼が僕に最後に伝えた言葉が冒頭の言葉で
自分で見て、感じ、考え、自分の言葉で
相手に伝えること。それを繰り返し行うことで
自分のスタイルが確立してくると。
それは、写真だけでなく生活スタイルや
自分の信念へも繋がることであると感じた。

これからは、フェイスブック、ブログ、ツイッターを
利用し写真だけでなく考えや自分の想いを
継続的にコンスタントに発信していかないとと
思った送別会であった。 


posted by コビータ at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

個展

詰まらないセラヤでの生活から
ちょっと抜け出すために
セラヤからバスで1時間ほどの場所に
ある世界遺産に登録されている都市
サンミゲルデアジェンデへ足を運んだ。

IMG_20170204_192611.jpg
この街は、僕がメキシコ国内を
旅して回った経験から非常に
魅力を感じる場所のひとつ。
自分も住んでみたいと思える街
でもある。
今回、足を運んだのは
フェイスブック上では面識がある
日本人画家のサカモトユイさんの
個展を観にきたかったから。

IMG_20170204_182942.jpg
IMG_20170204_182640.jpg
作品を目の当たりにして
非常に圧倒される作品ばかり
であった。
画家というよりアーティスト
と呼ぶべきであると個人的に
思った。
近いうちに自分も個展を
開けたらと思う。
posted by コビータ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

どうかな?

新たな生活を始めた。


メキシコの中央高原バヒオ地区にある
小さな都市セラヤにて新しい生活を
し始めた。 しかし、一番最初にこの場所に
降り立ったあとに感じた不安は未だ
拭えない。 
住めば都という言葉があるものの
この町を好きになるかと言ったら
ならないだろうとハッキリと言える。

まだ、たった1週間しか
住んではいないものの 
ふと、なぜここに自分はいるんだろうっと
考えることはある。

写真を撮りに行くにも
行きにくいのが正直なところ

そんなときに新たな仕事のオファーを
頂く。前向きに検討してもらえると
有難いと言葉を貰う。


さあ、どうするか
posted by コビータ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする