UA-71791293-1

2016年07月24日

ちょっと


メキシコのイスタパラパ地区は比較的貧困層が
多く住む地区であり教育水準がメキシコ市内でも低いレベルである。
そのため、家族環境、経済環境によって本人の意思とは違い
勉強を継続することが出来ない若者が多々いる。勿論本人の努力不足による
継続が不可の場合も多々ある。そのため、会社に職を求めて尋ねてくるのは
小学校卒、中学校卒が中心であり、高校卒といえばごく稀である。
メキシコも学歴が非常に左右する社会構造をしており
小、中卒では職に付けないのが当たり前。付けたとしても
非情に単純作業に従事することになる。さらに金銭的余裕がないため
目先の事に夢中になり先の事はどうでも良い(考えられない)という
考えの持ち主である。 それにより、自分さえ良ければ良いという
個人中心主義で集団の中での行動指針を全く理解出来ないし理解しようとしない。

日本人が教育で得た経験、価値観いわゆる集団的価値観、規律を
低学歴従業員に植え付けようと試行錯誤するも中々理解してもらえず
規律違反した場合は罰金制度など取り入れるも行動、態度は変わらず
個人主義者に集団的価値観を植え付けることの難しさを
ここで学んだ。 

さらに、モラルも常識も全くないに等しいこの国では
そもそも価値観を植え付けることすら無意味なのだろうっと
日本人は損得勘定で判断をするだけでなく
モラルや常識も含めて総合的に判断するため
結果的に損をしても常識的に考えて好判断したと捉えることが
あるが、ここではそれが皆無。 
本当に人間らしい人間が住んでいるような国であることは
間違いない。 
posted by コビータ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

あほやな

人は、どこかに属しながら生きている。
それは、学校、会社、クラブであり
大きく括れば社会である。

そして、今回大きく人生を変えることになるだろう
決断をした。 丸9年という長い月日をメキシコで
過ごしその大半の時間をとある会社で費やした。
今となれば良くも悪くも人生の中の30代を過ごさせてもらった。
辞める理由はこのままズルズルと変化のない生活を
続けることに危機感を抱いたことがきっかけである。

これから何かに属さない生活が始まる。

右から左へ、左から右へと物やサービスを動かすことで
得る利益を求めるのではなく
自分から何かしら価値あるものを生み出し
発信していくことで得る利益や価値を
得ていきたいと思っている。 
年齢的に考えて正直こんなことを思っていること自体
アホなやつと思うだろう。
しかし、自分の時間は自分で消化していきたい
会社のために自分の時間を消化するカタチから
離れ、やりたいことに時間を十分とれる生活を
創り出しライフスタイルを形成していく。


posted by コビータ at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

一歩前へ

ホリエモンこと堀江貴文氏の著書「本音で生きる」を読み終えた。

今までの自分の行動と結果を
思い出してみた。 
この歳になるまで誰と比較する
わけでもないが、それでも自分の好きな
ことをやってきた。 はず? 
しかし、自分がやりたいことを100%
やってきたかというとそうでもない。

結局、時間、お金、仕事、気分、面倒臭いから
など挙げればキリがないほどの
理由をあげてやって来なかった。
これは、誰にでも思い当たるはずだ。

しかし、僕達が唯一共通の物は
目には見えない物質ではなく
「時間」であり無限ではなく
「有限」である。

だからこそ、その限りある時間の中で
やれる限りのことをやることが
使命であるにも拘わらず
人は弱いもの。 行動するまえに
考え、出てくるネガティブなことを
理由にして行動を起こさない。

そして、僕もその中の一人であることは
言うまでもない。
メキシコに来て今年で10年となる
これまでも、自分のやりたいことを
優先し仕事を辞める判断をしながら
結局リスクが怖く、現状維持を
継続し、やりたいと思うことを
しまい込みつつ仕事をしていた。
しかし、そのしまっていた思いが
こみ上げてきたのが、2年前ぐらいからだ。
個展を行ったことが大きな理由だろう。
ほぼ、大体の仕事が物やサービスを
右から左へ、左から右へ移動させること
で得る利益で会社を運営し従業員の
給料を支払っているはずだ。
僕が担当している仕事も同様に
中国、韓国、日本から製造した
自動車部品をメキシコ全土へ
販売し利益を得ている。

しかし、その反面自分で物を
創り出し評価を得て利益を
生む仕事に興味を持ち始めた。
っというのも写真を撮りつづけ
メキシコの村々をまわっている
うちに、何とかここから
評価を得られないかと
考え始めたのがきっかけだ。

そして、トライしてみることに
決めた。
会社を辞めることを告げた。

あとは、行動だけ。
自分に言う、「逃げるな」
「リスク」を取れ。

posted by コビータ at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

個展 「自分」BY NOTE

posted by コビータ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

あとわずか

ある物事に対して10000時間を費やしたら
プロとまではいかないもののある程度のレベルにまで
高めることができる。
社会人などで良く利用される諺で「石の上にも3年」
いわゆるやっと1人前になるまでに必要とされる最低限の年数
として使われたりする。
しかし、1日8時間x20日x36(3年)=5760時間であり
この計算だと3年でも半人前ということとなり
1人前になるにはもう3年が必要となる
しかし、この概念には1時間に対する内容/濃度が記されいないため
一概にはなんとも言えない。

しかし、10000時間費やしてきた人はさすがにある程度のレベルに
至ることは経験や歴史から見てもある程度証明されていることである。

内容や濃度は度外視して自分はある物事に対して
10000時間ほど費やしてきたことがあるかと考えると
多分、考えるだけで3つある。
それは、サッカ-/フットサル、写真、スペイン語(メキシコ生活)

その中で今スペイン語をもう一度見直す意味と
今更だがもっと深く知ろうという意味も込めて
DELEの試験を受ける。
まずは、B2というレベルいわゆる中級レベルの試験を
受けてみる。 この試験は言語を扱う上で基本的な
読み、聞く、書く、話すの4つで構成されており
過去問を解いても読みは出来るが、聞く、書く、話すは
かなり苦手であることが自分でもわかる。
正直、何年も働いていても話す相手や内容にあまり変化がなければ
自分の語彙力は当然落ちていく。さらに、指示を出し
面倒なこと(時間がかかりそうな作業)はメキシコ従業員に任してしまっており
メ−ルを送るのも簡易な文章で伝えるため
書くという作業を怠っていたことを改めて恥じた。

さあ、あと2週間しかないがなんとか残りの時間で
出来る限り過去問を解き試験に備えたい。




posted by コビータ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする