UA-71791293-1

2016年05月23日

やらかした

「やらかした!!」

この言葉に尽きる。

毎週金曜日に責任者として研修を行うようになり
約2か月経った。 それぞれが話した内容は
いずれも従業員に必要なポイントであった。
「改善」「態度」「習慣」などそれぞれに
伝えられれば従業員の態度、モラルも変わるだろうっと
思ったもののやはりそこは人間。
その必要性を感じなければ
話した内容は上の空。左から右に抜ける意味のないものへと変貌する。

今回、その点も踏まえたうえで僕が臨んだのだが、
拙い表現力、説明力、語彙不足によって
伝えたい事の半分にも満たない結果となってしまった。
原因は明らかに準備不足であった。

先ずは、今後10年、15年で起きるだろう自動化の波に対し
危機感を持ってもらいたく説明を行った。
これは上司からも伝わらないのでは?と危惧され注意された部分でもあった。
案の定、ここでの反応はイマイチ。
特に金銭的余裕のない従業員であるため
目先の事に集中しお金を得ることしか考えれないため
今後起きることを予測するもしくは考えて対応することは出来ないのが要因である。

しかし、家庭環境も含めそういう要因がある中で
どのように対応すべきなのかと説いたところで
反応が薄いのは当たり前。 
vision とmisionを書いてもらったり
普段、時間をどのように使っているのかを
記入してもらい無駄な時間の使い方をしていないのか
自分の目で確認することを行ったが
やはり、目先にフォーカスがあたっている生活が
垣間見れた。

正直、誰に対し何をどのように伝えるのかという
根本的なところからしっかりと考えなければならなかった。
しかし、誰が参加するのか何人参加するのか
分からなくそういった面も説明不足、下手へと繋がったともいえる。

しかし、書いてもらったアンケートに参加してくれた方々に
自分の意見を書き込んで少しでも役立つものへと
変化できたらなと思っている。 
posted by コビータ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

とりかご

『鳥かご』

サッカーの練習で行うトレーニングの
ひとつに3対1,4対1のボールを使った
トレーニング。
その様子を連想させたベッキーと
TV関係者との関係性。
鬼となったベッキーは、必死になって
ボールを追っている。
それは、TV関係者が持つ不信感(ボール)を
断ち切ろうと懸命になっている。
イナされ、かわされ、ボールは関係者間を
グルグル回る。 

ベッキーは、一般社会からかけ離れた世界でしか
生きていけないのだろうか?
どっぷりハマって抜け出せないのだろうか? 




posted by コビータ at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

腑におちる

毎週金曜日の仕事後に
各倉庫責任者が持ち回りに
仕事や日常生活に役立つことを
プレゼンテーションすることを
行っている。 主に仕事に関しての
プレゼンテーションが今のところ多いのだが、
ただ、そのプレゼンの際に
僕ら管理者もプレゼンするようにと
彼らから促されやることに。
何を伝えることが彼らのためになる
のかを考えつつ、先日日本に帰国した際
購入した本を手にとってみた。

その中にあった「7つの習慣」を手にとり
読み始めた。 読み進むにつれ
役に立つだろうが、本の中の情報の
どの部分に反応するのだろう?っと考えながら
読む。 しかし、変化をしてもらいたい気持ちはあるが
彼らがその必要性を感じなければ
何も意味がないものへと 
要は、何を彼らにどのように伝えるまえに
必要になるような状態を共通認識させることを
しないいけない。

しかし、読み進めるうちに
とても気になるフレーズに
目が止まる。 
それは、下記のフレーズ

愛(LOVE)は動詞なのです。
愛という気持ちは愛するという行動から
得られる果実であり価値です。


僕みたいな結婚不適合者にも
物凄くストンっと腑に落ちた言葉で
見返りを期待せず、彼女に思いやりをもって
奉仕し理解し助けるなどの行動をすること
から得られる価値が「愛」なんだと。

そんな行動努力を継続的にしてこなく
やっても最初の3か月ぐらいでしかなかった。
やはり、小さな事の思いやりや行動の
積み重ねが男女間の価値となり「愛」という
カタチとなるんだと。
30代終わりにやっと理解する僕は
やはり結婚不適合者なんだろう。
っというのも、その行動の中に
甘い言葉をかけることを外したいという
気持ちがあり、妙にそこに拘っている自分がいるから
特にここメキシコではこの「甘い言葉」が
かなり必要であることを最近知った。(知らざるを得なかった)



posted by コビータ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする