UA-71791293-1

2016年03月09日

それは突然に

それは、突然やってくるのだと

僕たちは、生まれてから「死」に向かって
人生を歩いている事を改めて思い知らされた。
僕にとっては、馴染みの薄い言葉「ガン」(誰にとっても馴染みの薄い言葉であってほしい)
を耳にしてしまった。 
「転移性腫瘍」と「肺ガン」との併発
そして放射線治療。
ドラマや映画などで耳にしたり目にしたりしたけど
まさか、それが自分の父親から発見されるとは?

年齢的にも生活習慣的にも病気になるリスクがあると
分かっていたものの まさか、「ガン」という重く体にズシリと
響く言葉を聞かされるとドン底へ突き落される感覚に陥る。




posted by コビータ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする