UA-71791293-1

2015年08月30日

ボイス

最近、携帯がスマホになってからというもの
ラジオを聴くようになった。それは、会社同僚が
朝、ラジオを聴きながら会社に向かっているということを
本人から聞いて特に時事問題にそのラジオのおかげか?
凄く精通するようになってきたのが主な理由である。

僕も同様に時事問題を扱うラジオということで
GOOGLEPLAYからアプリを探して目に付いたのが
「ザボイスそこまで言うか」というアプリ。
http://www.1242.com/program/voice/

コメンテーターが日替わりでその日にあったことを
議論したりする番組である。番組に興味をもったのは
そのコメンテーターたちである。
月曜日は勝谷誠彦氏、火曜日は宮崎哲弥氏、水曜日は有本香氏そして木曜日は青山繁晴氏。
ぶっちゃけ一癖も二癖もあるコメンテーター、評論家であるが
「はっきりとものを言う」ことが非常に好感を覚える。
評論家だけにそれが出来ないのは仕事を無くすことを意味することで
当たり前のように思うかもしれない。しかし、それには非常にリスクが
取り巻いているはずである。特に有名になればなるほど
その発言には非常に重みを増すことから様々な方面からの
批判、暴言をも受けるはずである。 さらに言えばSNSが発達しているこのご時世
伝達は非常に早く進みあっという間に批判は大挙となして攻めてくる。
そんな中、番組を聞いている方はわかると思うが
経験、知識、人脈から得られる情報を「はっきり」とあと惜しげもなく言ってしまう
彼らの姿勢には圧倒される。 

現在、安保法案の是非について番組でも取り上げられるのだが
詳細を知らされていない点が非常に目立つ。その理由として
集団的自衛権の行使の是非が問われ、そこにフォーカスされ
安全保障法案という大きな枠組みの中身の内容がさっぱり
報道されなくこちら側に情報が入ってこない。
集団的自衛権が大きなメインテーマになるだろうが
そこに目を向けている以上、その裏で本来さらに議論しなくては
行けないポイントがあるだろうが なぜそこにフォーカスしないのか
非常に理解できない。
さらにメディアによって出来上がった構図と議会での討論によって
安全保障法案=集団自衛権の是非=戦争へ導く可能性有=戦争法案と
構図を作ってしまったのではないかと考える。

安全保障法案に対して日に日に反対デモ勢力が大きくなっているように
思える。 しかし、先日の放送で安倍首相が直接番組に参加して
コメントしたことや民主党長島衆議院議員のコメントしたことが
しっくりとする。 それは、現実問題として
日本の常識、世界的、国際的な常識から理解できない国が
日本の周りを取り巻いており「チカラによる現状変更と脅威」を行っている
今、チカラによる抑止力は必要になってきているはずである。
集団的自衛権の賛否より、日本を取り巻く国際社会の状況を考えてみると
賛成反対ではなく必要か不必要かの判断基準で物事を進めていかなければならない。
集団的自衛権の是非はあとにしても、安全保障については
真剣に議論して国会で承認を得ていかないと非常に厳しい立場に追い込まれてしまう。
だからこそ、集団的自衛権を別枠で議論を行い
それ以外のポイントを国民に見せる形で議論を行い
法案を可決して進めてもらいたい。



posted by コビータ at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする