UA-71791293-1

2015年07月27日

こんな

冷房のかかったバスに乗っている最中に
ふと自分の人生とメキシコにいる関係性を
説明するによい例えを思いついた。

「ゴールデンウイークの高速道路とショートカット」

社会という道を歩んでいると
それぞれ凄い才能や経験を持った
者たちが道路に溢れ、せっせと歩み
続けている。それは、道一杯に広がっており
その間を抜けるように「世渡り上手」という
言葉のようにすっと人より前へ進んでいく。
ある付近では、壁のように強固なものに
歩みを妨げられモガきながら死苦八苦している。
さらには、語学留学、留学という飛び道具を利用し
道路脇をすーと楽して前へと進める人も
ほんと様々な方々がこの社会という「道」を
歩んでいる。 

その点、怪我の功名というのか僕は「この先何キロ先渋滞です」という
自分で危機を回避しようと手前の出口でその「道」を降り
国道や県道を利用し高速道路を上に見ながら
進むべき方向を確認し前へ進む。 
しかし、自分では高速道路を上に見ながら進むも
国道や県道は信号があったり、高速道路沿いとはいえ
まっすぐではないためあちこちで右折や左折を繰り返さなくては
いけなくいつの間にか全く違う場所へと
歩を進めやっとの思いでのった高速は全く別方向へ行く高速で
反対車線を見ると同様に物凄い渋滞に巻き込まれており
出口の看板もなく乗った以上進むしかない状態へ追い込まれてしまった。
そして、たまたま立ち寄ったサービスエリアで
面白いものを発見してしまった。
こんな感じが今でもメキシコにいる理由ではないのか




posted by コビータ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする