UA-71791293-1

2018年04月07日

移行


この度、ブログをアメブロへと移行しました。
引き続き宜しくお願い致します。

https://ameblo.jp/covita58/?frm_id=v.mypage-ameblo--myblog--blog
【関連する記事】
posted by コビータ at 19:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

諦め

皆、「諦め」に似た感情を抱いたことはあるだろう。

実際に行っていた事をやめたり、行おうと思っていたことを
やめたりと明確な原因や理由の有無に関係なく
続ける事や始める事に対し「諦め」という感情を
抱いたことはないだろうか?
そして、過去を振り返ることに何も意味を持たないと
分かっていたとしても、あの時こうだったらどうなっていたのだろう?っと
思ったことはないだろうか? 

ふと、手に取った雑誌がボクを異空間へと運んだ。

雑誌「TRANSIT」を数ページ捲り、目に映る光景、写真に
心を奪われてしまった。 行ったことのない世界や
現地での生活感が漂う写真に、どうしようもない気持ちに
なってしまった。人それぞれ、大なり小なり決断してきた
裏には「諦め」があったと思う。

そして、僕にはそれが「旅」であった。

もっと次の国へと足を運びたくてしかたなかったのだが
金銭面、社会的立場、世間体などの理由で歩みを
止めざるを得なかった。

明確な目標や目的がないまま「続ける」、「始める」ということが
出来ず世間や立場に屈した(自分に負けた)というのが正しい言い方なのかもしれない。

「諦め」というのをしまい込んでいたものの
この雑誌「TRANSIT」によって
もう一度、どのような形でも「旅」という
ものを続けたい(長期で)という気持ちがふつふつと
湧き上がってきた。 

年齢という厳しいフィルターにかけられ
自分のやりたい事が出来ないなら
そのフィルターの届かない場所で
生活するのもひとつの手段かもしれない。
今しかない「時間」を
大事に刻みながら「旅」をしていこうと思う。















posted by コビータ at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

振り返り

2018年もあったという間に1か月が経った。

年齢を重ねるごとに感じる時間のスピードは
早くなり、家と会社との往復の生活に
季節の違いや周辺の街の違いを感じる感度は
徐々に鈍感化していく。
40代に突入し感じる時間のスピードは
さらに早く感じるのだろう。
そして、目にしてきた風景や光景は
記憶という曖昧なファイルに保存されていき
画像名のない目に移してきた風景や光景は
消されていく。 時間はコツコツと一定の
スピードで時を刻んでいくものの
人はスピードが加速化するように感じ
目にする変化に対し鈍化する。
 
1月何をしたかを振り返っても記憶していることは
僅かである。 年始の抱負すら覚えていないこともザラ。
だからこそ、時間を大切にし変化に鈍化する流れに楔を打つために
時間管理、タスク、振り返りを行うことが大事になってくる。

1月振り返ると下記の2つの事が出来事としてあった。
1)面接に不合格。
2)メキシコに戻りたいと伝える。3月末まで転職活動する(メキシコ駐在)
posted by コビータ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

結果

去年11月に受けたDELE C1レベルの試験結果の通知があった。
早朝の一番のメールであった。結果は既に分かっていたが
やはり少なからず何かをポジティブな結果を期待する気持ちもあった。
しかし、案の定結果は不合格。
特に、ツイッターを通じてこの試験についてコメントを残したが
オーラル試験(いわゆる面接)で全く内容が頭に入っていない状態で
試験スタートしてしまった。内容を説明しさらに自分の言葉でそれについて
どう思うかを語ってくれと試験官から言われたとき
既にパニックに陥っていた。 「あかん、ダメだと」
助け船を出してくれるわけでもなくスペイン人の試験官に
イラつく自分もいた。
これがメキシコ人やったら絶対助けてくれるだろうにと
自分の準備不足を棚にあげ試験官の助けの無さを責めてた。
結局は、完全に実力不足。今後はアウトプットをスペイン語で
行っていくようにし苦手のライティングを改善していく。
さらに、もっとスペイン語でのニュース記事や文献を読み込むことも
行っていかないと強化できない。
オーラルについては、今後月1回のディベートに参加し鍛えていくつもり。
勿論、過去問を教材として購入し対策を事前の段階からしていくことも
忘れずにしていく。
不思議なことに落ちた事よりも
目標が明確になったことが嬉しい。
5月もしくは11月に再度挑戦してみようと思う。
英語とスペイン語を同時に勉強を進めていくため
難しい面も出てくるが、それでもやりきらないと。



 
posted by コビータ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

記憶の中に

様々な言葉と人と出会い
僕達は1歩ずつ歩みを進めていく。
時は横のレーンをコツコツと
ペースを乱さず歩みを進める。

歩みを進めるうちに
曖昧な記憶という箱の中に
鮮明に残る言葉や人物の存在が
インプットされる。
そのひとつに「好奇心がなければ
ただのオッサン。お爺さん」
この言葉は政治評論家の田原総一郎氏
があるドキュメンタリー番組で
高齢であるにもかかわらず仕事を
続ける理由やモチベーションについて
語った時の一言。
何故か「ガツン」っと目が覚めるような
一撃を食らった感覚に陥った。

年齢を重ねるごとに
行動範囲は狭くなり
思考回路も閉ざされていく中で
好奇心も同様になくなっていくのが
常である。
でも、スポーツ選手や何かに夢中に
なっている人は輝いて見えるのと
同じように好奇心を持ってなにかに
積極的に取り組んでいるひとは
年齢を重ねても輝いてみえるもの。
それは、今通っている大学の
オープンカレッジにて一緒に英語を学ぶ
60代の方々も同じ。ボケ防止と言いつつも
楽しく笑顔で授業を受けており輝いてみえる。
でも、どれだけの方が意識して
マンネリ化していく生活の中で
好奇心という楔を打ち込み
メリハリがある生活を送っているのだろう?

だからこそ、「好奇心を持ち実践/体験のある人生」を送れるかが大事なのではないか?




posted by コビータ at 10:59| Comment(0) | メキシコ文化、習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

学び方

学びや気づきを得るために「スクー」を利用している。
この歳でこういうのを利用している事自体どうなのかは
分からないけど、大学へ行っていないボクには
格となる知識、専門知識がないため学びの場を探していた時に
このサイトを知りコツコツ気になる授業には参加している。
主に録画授業を見て学びを深めている。

最近、勉強になったのが
「学び方の学び」という授業である。

根本的に学習には2つの意味があるという。
1.Passiveインプット 聞いてわかるレベルの学習。
2.ACTIVEインプット 自ら再現できるレベルの学習。 

これまでの学習は「PASSIVE」インプットで良しとしてないか?

要は、自己完結型学習ではなく他者説明型学習へ移行すること。
聞いて理解していても、他人へ要点をつまんで説明出来ないことは
良くあると思う。 それは、聞いてわかるレベルの学習で
止まっており、それで良しとしてしまっているから。
インプットの仕方を変え、学習している際に
学習後に他者へ説明できるようにするという意識や目的の基に
学習を行うこと。 
詰め込み教育、試験のための授業の影響もあり自己完結型学習であったと
感じる。そのため、一旦は学習したこともあったという間に
忘れてしまい再度同じ内容の授業を後々に受けることになることはないだろうか

今一度、他者説明型へと移行し学習をしてみてはどうか

posted by コビータ at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

刺激

揺れ動く気持ちや思いは常に迷いを誘発し
行動を制御し考えを固定化させる。

日本の生活スタイルにネガティブな印象しかなかったこと
安月給で働くこと(選択した自分が悪い理解しつつも)となり
今までの海外での10年の経験の意味を見いだせなく
2017年は行うことすべて、行くとこすべてがネガティブに捉えていた。
それが過去を美化し現実を受け入れれない自分をさらに強固にしていった。

「刺激」
抽象的で各々捉え方や意味が違って伝わりにくいこの言葉を使い
目に見えない何かしらを感じるものを表現していた。
特に「違い」を強調させるために 
(言い方は悪いが)日本の生活はマンネリ化した画一的な生活に対し、
あらゆる場面で意外で想定外な事が起こるメキシコ生活。
これを「刺激」という言葉を頻繁に使い表現していた。
しかし、日本は「刺激」はあるだろうが自分から寄っていかなければ
感じない「刺激」は多々ある。メキシコは自分から寄っていかなくても
「刺激」自体が寄ってくる。
しかし、ここでは自分で「刺激」を創りだすこともせず外部からくる「刺激」を
待っていても来ない。
お恥ずかしながら、この違いをやっと理解できたのが最近である。

生活拠点が違えど、今後も体験主義を貫き通したい僕は
「旅、写真、文化風習(民族)、スペイン語」この4つを軸に
僕にとって「刺激」を感じる生活を送っていきたい。さらに
これを伝える活動もしていきたい。 
その第一歩として日本の祭り(奇祭)を観に体験しに行き
写真に収めたい。
<予定>
2月は豊橋で行われる鬼祭り
3月は小牧で行われる豊年祭
4月は高山で行われる高山祭り

下記の言葉を頭の片隅にだけ置くのでなく
身体全体で捉えて日々生活していきたい。
1.ポジティブであること。
2.人生楽しむこと。
3.自分の人生を生きること。
 
さあ、頑張ろう2018年
posted by コビータ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

オープンカレッジ

南山大学の秋季オープンカレッジの中から
スペイン語中上級コースを10月から1月までの
4か月間受講した。
講師のアベル先生はメキシコのミチョアカン出身
日本在住33年という経歴を持つ僕にとっては
うってつけの先生であり
授業の内容も先ず宿題として毎回興味のあるニュースを
生徒各々が持ち寄り、そのニュースについて
概要説明となぜ興味があるのか説明する。
さらに、毎回あるテーマについて語り、議論を
グループごとに生徒同士でさせる。
最後はグループごとで意見を発表するカタチを
とり興味深い発表があれば、またそれについて
議論するというスタイルを取る。
受講者をより考えさせる方向へと導く。
概ね、日本で起きている事件や出来事ばかりであるが
それでも、自分の考えを持っていなければ
スペイン語を話せてもあまり意味がないと感じさせる。
言葉を操る以前に自分の考えを持つこととそれについて
責任をもって発言することの重要性と必要性を
この講座を通じて教えてくれたように思う。

メキシコにいたときよりスペイン語記事を目にするようになった
ことに驚く。しかし、読むだけでなくそれについて
考え、仮説を立てたり、自分の考えを構築し発言する
ということはメキシコにいたときよりも多くなった。

特にメキシコのニュースサイトEXPANSIONを通じて
毎朝3,4記事読む事を日課(現在も継続中)にしてからは、
記事を読む事自体楽しくなっている自分に気づく。
出来れば、音声がついていれば最高であるが。。

春季の講座も継続して受講していきたいと思っている。

それにしても、日本在住33年のメキシコ人が実家近くに
住んでいるとは驚きである。
タコス食べさせてほしい。


posted by コビータ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

ライン

フェイスブックやツイッターを通じて目にする情報、
一面的であると理解しつつも非常に人生に影響を与えるもの。
それは、他者から発信された情報、生活情報、ステータス情報
などから羨ましさ、憧れ、比較などを生み出し
自分の生活や現在にプラスにもマイナスにも作用する。

過去の振り返りをフェイスブックのタイムラインに
提示を促されるサービスがあるが
過去を美化し現実から逃避させるように
感じられ 目の前の事に集中できない自分がそこにいた。
過去のメキシコの出来事に依存し
未来に向けて挑戦するという意識の欠如を招いた。
そして、目に映る全ての光景をネガティブに捉える自分を
形成し毎日の生活を無駄、無為なものへと
変貌させてしまった。

僕は、いつも言葉にしているが
時間を無駄、無為に過ごすのが一番嫌い。
そんな自分が結果非常にムダに過ごしてしまったことに
情けなさを感じた。

2018年、自分の想い、考え、言動、行動を同一ラインにと
修正していく努力をこれからも継続的に行っていき
自分らしい生活行動を取り戻していく。



posted by コビータ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

動きだす。

2017年が終わり2018年と日が淡々と刻み
あっという間に正月が過ぎ、各々仕事し始め
様々な事が再び動き始めた。

振り返り:2017年
父親他界。
新婚生活始める。
家庭基盤作るため基盤をメキシコから日本へ
再就職。
精神不安定。やる気のなさ。
自分の存在意義。強みのなさ。
日本生活に対してのネガティブなイメージ払拭出来ず。

大きな変化を自分で起こした。しかし、それに対して
責任を持てない。責任を伴う「決断」とは言えなく
責任の所在がはっきりしない「変更」っていうカタチ
だったと振り返ると思う。
それに伴い「変化」に対して解釈の違いや
許容するまでの時間の違いなど 自分の行動全てにおいて
「変化」に対してマイナスイメージしか思い描けれなく
引き籠るようになり、愚痴をこぼし再びメキシコへという
思いがドンドン湧き上がる。
それは、今も一緒である。しかし、目的が明確ではない
限りどこへ生活基盤を移しても一緒なのではないかと
思うのもある。
悪い癖なのか「考え」過ぎて前にも後ろにも行けなく
立ち往生してしまう。もうそんな後ろ向きで前進出来ない
生活を送るのは嫌。 

だからこそ、2018年のスローガンはこれ!
「悩む」より「挑め」

環境の問題もあるが、「旅」「写真」「スペイン語」この
3つが絡みあった生活を送れない生活に不満、不安があるのだろう
だからこそ、大きな支出は否めないが敢えて「旅」に出てみる
5月ゴールデンウイークはアジアへ
8月メキシコへ
12月アジアの海へ 

積極的に突っ込んでいこう!!








posted by コビータ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする